言霊広場

生活ファンタジーな日々の長文戯言。人間飯さえ食えればなんとやら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うぉーーーーーーーーっていいながら自分に活。

 そおおおい! ってことで詩人の18章をとりあえず書いたぜ。下書きの状態なので、これから添削しながら19章書く感じなんですが、時間かかりすぎた。(汗)
 なまじ数年後書き終わってたり、数百年後をたまに書いてたりするから(!?)色々ごっちゃになりそうになってることが自分で途中で気がついた(汗汗)

 ってことでなんとか18章下書き完了。添削しまくりながら下書き完了。公開まであといついつ待って! って言おうと思ったら聞いてたこれ↓



「あと30秒まって!」

 って言われた。
 いやタイミングがよすぎただけなんですけど、30秒じゃできんわ(笑)



 とりあえず漸く19章が書けるぞー。
 昔省略した部分が書かれる可能性大。
 とだけ、つぶやく。
 もしかしたら書かないかもな。って言ってる時点で迷ってるらしい。出だしだけは決めているけれど。

 いや、書きたい。

 そんなこんな。

 とりあえずクマができるぐらい眠いので、寝ます。

 某魔道士に胸焼けしそうなあれすでした。
スポンサーサイト

歩かないと、ね…

 ここ一カ月ぐらい、駅と家の往復をすると、足のどこかしらの皮に水がたまります。ぷっくら。
 歩かないのが悪い。
 小指にたまってた水ぶくれしばらくほっといてみたら、昨日固くなってまとめてはがれた。

 どっちみちはがれるんだったら、先に水抜いては が せ ば よ か っ た。(マテ

 水ぶくれの水を抜くことに、楽しみを見出した今日この頃。マゾじゃない、マゾじゃないぞ!



 そんなこんなで気がついたら今日土曜日なんですね。
 明日(寝る前の私の感覚では明後日)更新しよー、と思って次更新する話は、どうやらはりがみの三話だ。

 おや…まだ三話だった。助かった。
 と思ったら……


 やべ。


 詩人の更新までもう二週間しか余裕がねぇ!

 できるのか!?
 いろいろ頭の中身が余裕ないのに、更新できるのか!?





 ちなみにはりがみと詩人交互に書いてるといい気分転換になります。

 はりがみは仲間内のやりとりが書くときノリでいけるので平和な会話だけだと早いです。

 そんなノリに疲れたら詩人を書くと。
 詩人で今書いてる部分は多少ノリなんですが、こっちは戦う部分が多いのでちょっと楽しいです。戦いの書き方がうまくないですが、書いてる人は楽しんで書いてます。まー、これからノリじゃないけどねー……ノリじゃなくてシリアスになれば、それはそれで面白いんだけど…。

 とりあえず楽しんで書けたらいいですよね。
 めげちゃだめ!
 何が一番って、何事も自分が一番楽しむことだと思うのです。

 そんなこんな。


 はりがみも物語的にはようやくスタートラインについたみたいな位置までしか行ってないし。
 いっぱい書くぞーーー!

書いたどーーー!

 っていういつもの報告を、少し違う角度からお伝えします。


 新連載予定の小説、予定の場所まで書いたどーーーーー!!!

 ってことでいつもの詩人じゃなかったです。
 しかもいつもの暁の大地シリーズじゃなかったです。


 とはいえ、また一応書いた。ってだけ。

 途中で気分転換にHTML組してたら、テーブルタグでなぜか苦戦して余計いらいらしたのは秘密。結局理由なんてものは単純で、「セルまとめのタグは先の列で宣言しろや俺!!」っていう結果になっただけ。(謎)

 今日中に書きあげる!! と思ってたけど結局そんなこんなで10分オーバーしました。理由は最後の一文だったけど。

 詩人以上とは言わないけど、登場人物が多い話なので、どうせまた人物整理に四苦八苦してることでしょうというか、人物整理できるところまで、今の予定時点では進んでない(笑)


 ってことで、こっちで時間稼ぎしてる間に詩人の四楽章書こうかなーとも思ってます☆

 新作のほうは盛り上がったところで止まりそうになったのは秘密だぞ☆

 ってことでおやすみー

詩人の17章…

 できたわけじゃないんだ。書き終えたわけじゃないんだ。
 っていうか書きたかったところの、本当はそこで16章終わらせたかったところにもまだ、到達してないんじゃないかって噂がある。
 でもすでに枚数が……目安の原稿用紙50枚を超えてるんじゃないのか……。

 はは……いいんだ、長さは。投稿用ではないのだから。

 でも、問題は、なぜそこまでの長さになったのだろうという大部分の内容だ。




 平和、過ぎる……!

 何故こんなに平和なんだ。平和でよくここまでかけたな……。


 そんな今日この頃。四楽章、今書いてる話の他に小話が二つぐらい入る予定なんですが。そういう楽章にしたかったんですが。
 これだけで三楽章の長さ越えそうな勢いになってきた。へんっ


 いいんだ、投稿用じゃないから。
 娯楽交えて書き始めた「ア・カペラ」だから。

 ……短編先に終わらせようかな……。

 そんなこんな。

 ただ、叫びたかっただけ。

一六章も書いたよ。

 詩人の一六章も書いたですよ。

 でも思ったほど話は前に進んでない。
 二章で終わるはずのエピソードがもしかしたら三章ぐらいになるかもしれない。まぁ、仕方がない。

 だって、ここまでこいつらしゃべると思ってなかったんですもんさ(苦笑)


 ってぐらいしゃべる。

 あぁしゃべる。

 なんたってここまでよくしゃべるかな、ってぐらいしゃべる。

 これからいろいろ書き足したりしたら大変だな、って思ってる他に、削ろうかなっても思ってたりもするんだったり。

 まぁ、毎度のごとく一応書き終えましたよ報告。
 これからどう転ぶか・・・・・(ぉ


 久しぶりだなぁ、サイトより二章も先に行くなんて。

 やっぱりこのくらい先に行ってて安心ですよね。
 大抵プロット、書きながら修正するもん(マテ

 そんな今日。
 とりあえずサイトは三楽章の最後が終わってない罠(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。