2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
はまったはまった。
2016/04/01(Fri)
 31日の帰りに携帯の継続課金をやめようと思ってたら携帯の画面壊れて解約できなかったえるとーです、こんばんわ。
 マウスのある自宅に帰った時にはすでに午前様さ!!(つ■T)


 ってことで。

月刊少女野崎くん(7) [ 椿いづみ ]

月刊少女野崎くん(7) [ 椿いづみ ]
価格:514円(税込、送料込)


 ↑こいつにはまっております。

 題名の通りに、べったべたな少女マンガ書いてる男子高校生と、彼に恋した女の子と、その周りの日常のお話なんですが。(4コマ)
 ギャグ漫画なので笑っちゃうところありーの。なのですが。

 続き気になるんだよね……。

 これから彼らはどうなるの……? 三組ぐらい気になるけどさ……。一番気になるのは演劇部の二人と。何気に主人公の二人かな……。
 ってかみこりんナチュラルに一人だよね(涙)


 っていうつぶやきをするぐらいこの三日ぐらい、アニメ→漫画→アニメ→漫画(スマホ)で浸かってました。

 笑いあり、笑いあり笑いあり!

 の日常漫画。
 学園物はあんまり好きじゃないと思ってたけど、こんな楽しそうな高校だったらぜひ行きたいです。
 珍しくファンタジーではないのですが、キャラが立ちすぎて、ファンタジーなみにフィクションな感じが好きです。
 でも、そうだよね、そうなるよね、とも思ってしまうところが素敵。

 ちなみにこの7巻は…(ちょぴっとだけ追記に続く)
この記事のURL | 読書。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ほっこり
2013/04/12(Fri)
くるねこくるねこ
(2008/01/15)
くるねこ大和

商品詳細を見る

 ずっとほしーゆっててようやく手に入れました、ブログ「くるねこ大和」さんの書籍版。「くるねこ」
 現在11巻まで発売されていますが、これは本当に初期の話。一巻。
 猫との生活のエッセイコミックです。

 この時点ではまだ、一緒に暮らしている猫は4匹でしたねー。四匹との暮らし始めのきっかけやらが主に書かれてます。

 今もブログはほぼ毎日更新中のこちら。
 ブログ自体はもともと、里親探しのために立ち上げたのが始まりで、今も自分が拾ったものだけでない、捨て猫さんたちの里親探し、迷い猫探しを手伝っておられます。
(ご自身も子猫のあたりは結構な数の猫と暮らしてらっさりましたよね…子猫6匹ぐらい(?)と預かり猫数匹、プラス自宅猫5匹…て!?)

 わたしがブログを知ったのは去年の10月ぐらいだったと思うのですが、ブログの初期から読み返してみてると、なんだかもうお亡くなりになった猫さんも、まだ生きてるんじゃないかってぐらいに思えてしまいます、

 個性豊かな4にゃんとくるねこ大和さんのほっこりする生活を、横から垣間見させていただいて、ほっこりw
 って感じですわ。ほっこり。
 寝る前なんかに読んだらちょっと幸せな気持ちで眠れそうです。


 って思って手に入れた!

 いえす! やっと手に入れたよ!(いろいろ長くうだっててとある方ごめんなさい!)

 あと「おばさんとトメ」も。
おばさんとトメ (BIRZ EXTRA)おばさんとトメ (BIRZ EXTRA)
(2009/04)
くるねこ大和

商品詳細を見る

 こっちは本当に寝る前によむぞい。

 トメかわいい。きゃわいーい。
(女子だけど、留吉です)

 トメも好きだし、梵も好きだけど、もんさん好き。
 はちわれが好みじゃないのかと、最近気が付いた。(どうでもいい)


 まぁまぁまあまあまあ。
 ほっこりしたいとき、のぞいてみてみてくだされませれ。

 アニメもイイヨ。(一話5分ぐらい。100話を繰り返し放送してたみたい。東京でもやってよー)
 BGMとか間とか、アニメでしかできないあれ。好きだわー(笑)
この記事のURL | 読書。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前回に続き、猫関連
2012/06/21(Thu)
猫絵十兵衛御伽草紙 1巻 (1) (ねこぱんちコミックス)猫絵十兵衛御伽草紙 1巻 (1) (ねこぱんちコミックス)
(2008/12/15)
永尾 まる

商品詳細を見る


 私の大好物、ぶさねこと呼ばれる猫がいっぱい出てくるぞい。(何)

 まぁ、江戸を舞台にした、猫にまつわる、ちょっと不思議で心あったまるお話です。

 個性豊かな猫はもちろん、飼い主たちも十人十色。
 読んでると、いいのう、と思える作品だと思います。

 個人的には魚とりのうまい耳丸が好きだ。
 猫嫌いなのに好かれるあの人もな(笑)


 猫が好きなら一度は読むべきだ、
 好きじゃなくても、ちら読みぐらいいいじゃない。

 そんな作品。

 おすすめです。
この記事のURL | 読書。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
きたきたきたきたきた
2012/04/26(Thu)
大伝説の勇者の伝説11  ニンゲン総代 (富士見ファンタジア文庫)大伝説の勇者の伝説11 ニンゲン総代 (富士見ファンタジア文庫)
(2012/02/18)
鏡 貴也

商品詳細を見る



 まってたーーーーーーー!!


 つっても、発売2月だったらしいけどね!!(ノ■T)


 いやー、本屋毎月いってたつもりなんですが、乗換の秋葉原の駅内本屋の小説棚の、後ろの列に並んでるのを、ようやく見つけた。だいぶショック。いつ天を数冊動かして引っこ抜くさまは少し異様だったろう。
(どうでもいいですが、見つけたとき所持金が650円ぐらいしかなかった。レジでちょっと焦った。抜いた手前ひっこめない)

 やべー、いいですよ、これ、いいですよ。(何)



 んとね。

 ライナとシオンと、並ぶとやっぱいいね!

 って思いました。

 第二部が…というかちょっとした区切り目な巻でした。
 なのでいろいろ見どころがありすぎて感想が言葉で言い尽くせないんですが、毎回のごとく、


 これ面白いよ!

 っては、言っておこうと思います。



 先が見えないのが面白いな、と思う。
 みんな一生懸命生きてていいな、と思う。
 ライトライトしてるノベルじゃないのが好きです。

 えぇ、まぁ、好きです。

 そんなこんな。
 やっぱり伝勇伝はいいな。
この記事のURL | 読書。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
乙女になりきれない人が読んでますが
2012/04/04(Wed)
 早く病院に行こう。


 と思いつつ、言ってないあれすです、どうも。


 っていう書き出しも久しぶりなのですが、小説書き終えてなくてごめんなさいな状態。でもなんか久しぶりに日常書いてたらもっさもっさ進んだ。本編じゃないのに。


 そんな今日。

 最近「おとめ妖怪ざくろ」っていう漫画にはまりましたね。
 なんだろう、絵もきれいだけど、設定も好きだったな。んでもってストーリーはちょっとあっさりすぎたけど、主人公とヒーローの掛け合いが楽しかった。もっと長いお話だったらもっとかきこめたんだろうな、って思えるもったいないお話でした。
これ↓
おとめ妖怪ざくろ 1 (バーズコミックス)おとめ妖怪ざくろ 1 (バーズコミックス)
(2008/01/24)
星野 リリィ

商品詳細を見る


 と思ったらまだ続きがあった。
 私は電子書籍で読んでるので実は、まだ6巻です。え、続きあるんだよね?

 クライマックスとか書かれてたけど、見たことない表紙があったしね?

 と思いつつ、面白いと思うこれ。


 絵もきれい。




 さりとてこれから誤字脱字でも直してくるかな。
 ものすごい脱字率だが、コピペで消えてるんじゃないかと疑ってみる今日この頃。

 えぇ、自分で公開してるやつのね、直しです。

 最後に唐突だけど、風の聖痕のアニメ全部見た。面白かった。小説読みたいかなと思ったけど、未完なのが残念。無念だぬ。
この記事のURL | 読書。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ