言霊広場

生活ファンタジーな日々の長文戯言。人間飯さえ食えればなんとやら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うぉーーーーーーーーっていいながら自分に活。

 そおおおい! ってことで詩人の18章をとりあえず書いたぜ。下書きの状態なので、これから添削しながら19章書く感じなんですが、時間かかりすぎた。(汗)
 なまじ数年後書き終わってたり、数百年後をたまに書いてたりするから(!?)色々ごっちゃになりそうになってることが自分で途中で気がついた(汗汗)

 ってことでなんとか18章下書き完了。添削しまくりながら下書き完了。公開まであといついつ待って! って言おうと思ったら聞いてたこれ↓



「あと30秒まって!」

 って言われた。
 いやタイミングがよすぎただけなんですけど、30秒じゃできんわ(笑)



 とりあえず漸く19章が書けるぞー。
 昔省略した部分が書かれる可能性大。
 とだけ、つぶやく。
 もしかしたら書かないかもな。って言ってる時点で迷ってるらしい。出だしだけは決めているけれど。

 いや、書きたい。

 そんなこんな。

 とりあえずクマができるぐらい眠いので、寝ます。

 某魔道士に胸焼けしそうなあれすでした。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。