2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
人生失敗っぽ。
2007/08/29(Wed)
 えと、結局持病だった喘息起こして合宿から早めに戻ってたあれすです。もうかくさねぇ、死んだらそこまでだし(何)

 私の人生において失敗って、喘息だったってことがあるとおもうんです(何)

 ってことはともかく、


 長曾我部攻略しての感想いこうと思います。

(続く)

 えと……ストーリー中途半端(ぁ

 批判魂でいくとですね。
 どうしても解せないのが、2話。


(ネタバレになります)

 信親が死ぬ、ということについて。ストーリー決めた人気合入れまくりだったのはよく解りますが。わざわざ伏線はろうとしたのか、始まったところで秀吉が。
「今日、悲しみが満ちる。これは避けられない。悲しみに囚われないのかみせてもらおう」だとかなんとか。
 秀吉殺したみたいじゃん!?(涙)
 んでもって信親と別行動となりますが。


 別行動してたはずの信親が、元親が罠にはまると、元親の「しまった」と銃撃の合間にいつの間にか信親のまん前に登場。元親をかばって死んでしまいます。


 どっからでてきやがったてめぇ(汗)


 で、も、ここまでくると笑うしかないのですが。
「信親ーーー!」と叫んで元親が悲しみに囚われそうになって、んでもって銀千代がたしなめるというシーンが会話だけでかわされるんですが、どうみても元親、ずっと冷静だったようにしか見えないうえに。

 銀千代のツンデレっぷりを強調したかっただけのような会話があったり。

 あげく、3話の始まりで。

「誰よりも元親を信じた信親。元親が誰よりも信じた信親」

 泣かせたいの? って聞きたくなりましたけど。余計しらけた上に、史実上、信親は元親の息子じゃなかったでしたっけ。と思うわけで。まぁ、設定上でただの主従関係にあるというのなら。ですよ。

 外伝でわざわざ斉藤氏に「すまん弟よ!」(元親の嫁の兄)っていわせる必要はないわけで。つーかそこまでするなら、もう信親は息子の設定で、司馬遼太郎氏の文章ちまっとぱくっちまったほうがよかったと思うんですよ。って思った今日この頃。

 絡ませる人間が少ないからってがんばって九州勢とのからみふやしてたけど。結局元親は便乗しただけっつーかんじで、結局私は不完全燃焼でした。最後むーびー髪が浮いてたっぽくみえちゃったし(苦笑)

 夏草の賦が大好きだからでしょうか……。


 あ、あとともかく元親のストーリー1話からむずかしすぎですから。
 武将二人くらいに普通に囲まれる。悪いと4人(無双キャラ1~2)だぺんぺん。
 キャラレベル1で武将4人は結構きつかったよ(涙)
スポンサーサイト
この記事のURL | ゲームの話。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://aresu01.blog69.fc2.com/tb.php/217-3c3c5e66

| メイン |