2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
最短記録達成したんですよホント。大伝説の勇者の伝説4巻だよ☆
2008/11/04(Tue)
大伝説の勇者の伝説4  虚々実々の大幻惑 (富士見ファンタジア文庫 (か-4-3-4))大伝説の勇者の伝説4 虚々実々の大幻惑 (富士見ファンタジア文庫 (か-4-3-4))
(2008/09/20)
鏡 貴也

商品詳細を見る


 やぁあああああああっと手に入れましたですよ、大伝説の勇者の伝説4!(最新刊)
 9月ごろに発売されたはずなのに、9月頃書店探してもなくて、今日秋葉原の某ピンクの建物いったらあった! 二か月たってるのに結構減ってて「すごいじゃないですか、鏡先生w」とか知り合いでもないのに一人にやにや思ってた自分がいます。友達といったからもう、オタク全開、クール(でもないけど)自分崩壊。すげーテンションで、すげーうれしそうにゲッツしてきました。

 そんなこんなで最短記録達成!

 は、あれだ。1時間くらいで読み終えた(爆)
 初読みで1時間ぐらいで読み終えたの、はじめてかもしれない。そんなにうすくないと思うんですが……初読みでなければ、星の大地(冴木忍先生著)の上でやったくらいだ。どんだけ本に餓えてたんだか……積本あるのに……。

 そしてあとがきよんだら、ほらまた最短記録!(何)

 でも読んでほしいから言わないよ!(マテコラ


 9月に買えなかったことを、あとがき読みながらすごくすごく後悔しました。今一番会いたい人、私鏡先生(爆) サインしてほしいよー、握手してほしいよー、新しいやつ読みたいよー(涙・金がない



 とりあえず今回の4巻は、読まなきゃ先がわからんくなるわ……! です。(何) 知りたかったことが結構知れました。でも、まだまだ先が永そうですw 楽しみですw 私のいま一番の楽しみって、ぢつはでぃーぐれもそうですが、この大伝説の勇者の伝説が発売されることが一番楽しみで、人生楽しんでるんじゃないかと思えてきた。

 腐っても小説族ですから。(主張)

 今月発売のドラマガほしいです。買えるだけのお金をとっておかなきゃいけませんな私。そして忘れるなよ……! ってことです。来月も楽しみがあるのに、私こんなにテンション高くていいんでしょうか。学校行きたくない代償にこんな楽しみいただいている気がしますw

 読書とはちょっとテーマ離れるけど。(続く)
 以前書いたのか忘れたのか、クラスの卒業制作のドラマCDの台本を書きました。というか書いていますというか。「没になるべ。まぁ、な」と思って書いたらびっくり。問答無用で採用になった。書いた作品全部やるつもりだ、マテ、四人いるのにいいんですか。四作品あるんですけど、私勝手にやるって言ったんですけどいいんですか。
 っていうかさ、
 夜中四時間で書いた作品でよかったんですか!?
 (その日のうちに思いついて次の日寝不足。そして読み返したら誤字脱字・・・・・というか脱文章ありすぎ。最後眠さにまけて無理やり終わらせてるのもろばれ(爆))

 即時人数分コピーしやがった学院事務所をその時ばかり(ばかりでもないけど)恨みました私。


 なぜそんな話になったかって言うと、その台本のキャスティングで読み合わせしたときに、やり取りのシュールさに笑いが起こった。まぁ、口に出して読んでみると、案外面白かったのか。っていうかその時のキャスティングがよかったんだと思いますが。

 それを聞いてて思った。

 あぁ……私はこれがやりたかったと。


 そして。

 シリアスだけど笑いたっぷり。そして世界観はきっちり出来上がっているおっきな話。

 そういう話を私は書きたいんだと思ったら、ふと、伝説の勇者の伝説が浮かびました。あの話こそ私の目標としている話だと。だからこそこんなにはまれているのだと確認することができました。



  そう思ったら、無償に小説が書きたくなりました。物語が描きたくなりました。設定とかいろいろなくなってしまったものがたくさんありますけど、まだかけると思います。そして小説が読みたくなりました。物語が読みたくなりました。そのために知りたいことがたくさんあることを思い出しました。
 自分にとって、なくてはならないもの。
 それが私にあるとしたら、おそらく、この……うまくもなく、まとまりもよくしない、この小説を書くという行為なのかもしないと、ここのところ思っています。

 だからこそ、ふと、鏡先生に無償に会いたくなったのかもしません。


 まぁ、なんつって。
 学校の授業も大詰めです。もー大詰めです。卒業制作に卒業公演。やらなくてはいけないこと盛りだくさんw 小説を書いてなんかいられませんよw っていうのが実をいうと現実ですw がんばらなきゃwww

 でも、小説はよむぜよ! 来月がたのしみだなぁ、堕ちた勇者の伝説w
スポンサーサイト
この記事のURL | 読書。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://aresu01.blog69.fc2.com/tb.php/313-38dadda6

| メイン |