言霊広場

生活ファンタジーな日々の長文戯言。人間飯さえ食えればなんとやら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうでもいいよね、どうでもいいけど叫びたくなるんだ。

 なんか詩人の六章いつかいきなりかけるようになるよって言ってた矢先。
 完成がいつになるかわかりませーん(あはは苦笑)だったくせに。

 今日っつーか今、とりあえず書いたよ……!!


 って叫びたくなった。


 でもなんか今日の文章はひどかった!!

 本当ひどかった!!

 途中で「すっげーここ支離滅裂なんですけど」って思ってその場で直せるくらいひどいところ結構あったですよ!?

 しかもたぶん、最後は書き直すんだろうなぁっと思ってたりする。
 とかいいながら、5章もそのままでおっけーじゃねー? って思ってしまったのだからもしかしたら6章もこんな感じでいくのかもしれないと思っているところが結構あります。書きたすところとか出そうだよね。

 って思って今回の枚数は5章よりも長いです。
 でもなんか、こっちの方が読みやすいような気がする。
 いや、私の感覚なんで分からないですが。

 そもそも読みやすいのがシリアスってどうよ。
 いや、ギャグも大好き(何)

 そういえば、その枚数の話なんですが。(続く)

桜らいん

(続いた。叫びたいだけだよ! たぶん本当にただの日記)

 詩人書きなおす前のデータを少し見てたら、99枚はもう一章あった!!

 よりによってあの晩餐歌だ!(何)

 いや、四部三章目。18章晩餐歌。
 ピークとエアーがマウェートに行った17章の後の話。本題が始まる直前の。


 なんでこれ99枚なんだ!?

 ってすごく思ってる子がここにいる。

 いや、17章が長かったことは覚えてたんですが。(題名もフェルマータ(程よく伸ばす)89枚)


 ちなみに以前の最短章は、三楽章、これも三章目、一四章デュエット(39枚)でした。



 あーーー、本当どうでもよい話題だし、私しかわからない話題なんですが、叫びたいだけでした。
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。