言霊広場

生活ファンタジーな日々の長文戯言。人間飯さえ食えればなんとやら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更新したどーーー

 ハイ。
 しばらく時間かかったようです。スミマセン。

 はりがみのそら
 三話 きみのこえをきみのすがたを 全項掲載 しましった。


 この話はどんな話か、となると…そうですね。
 登場人物が一気に増え、設定の公開がいきなりなされ。同時になげられた石のひとつが軽い波紋を作るので、主人公と一緒に混乱してくだされませな話。
 です。(ちょっと上をドラッグすると見えます)
 しかしここで、ここの世界の世界観にての「空間」についてはきちんと、「管理者」についてはある程度説明してる人がいるので、読むうえでは少し役にたつかもしれません。


 ちなみに更新毎のキャラ紹介はこの三話で初発言した水把ちゃんデース。
 姿と名前だけは二話でひっそり登場してます。



 そんな今日。

 9月なのに…9月なのに…暑いよぅ…
 仕事してるのは屋内なのに汗だくだったんだけど…なぜ……

 まぁ、そろそろ涼しくなってまいりましたね。
 
 秋の夜長に、とはまだなりませんが、少しでもお楽しみいただけたらこれ幸い。
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。