言霊広場

生活ファンタジーな日々の長文戯言。人間飯さえ食えればなんとやら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに読んだ本報告。

本日の騎士ミロク1 (富士見ファンタジア文庫)本日の騎士ミロク1 (富士見ファンタジア文庫)
(2009/04/20)
田口 仙年堂

商品詳細を見る


 ドラマガに短編が掲載されてて、当時から面白いと思ってたこの話。いつか一冊目から読みたかったんですが……ようやっと読んだ!

 美味かったよ。

 といつもどおりに言うんですが。(これだいぶ前から使ってましたが、今「死にたがりの~」(小説)の先輩は、本当に本を食うんですね(笑) 序盤だけ読んだことがあるだけですが、しまったと思いました(苦笑))


 とりあず感想とかは追記に突っ込もう。



桜らいん

 どんな話ですかっていうと、端的に言うと、キャラが生きてる話ですねーって思いました。


 剣馬鹿で他は何もできない主人公(言い過ぎ)が、家族を養うために最終的ぐらいに騎士団に入ります。そしたら配属されたのはウサギが隊長で剣も渡されない姫の雑用係。

 っていうのがまぁ本のあらすじにも書かれてるのですが。(普通に書こうとしたら一緒の文章になったので最後まで書くの辞めた人)


 とりあえず、主人公ミロクがツボ。
 何がツボって「生きてるなぁ」って感じがするところがツボです。生ですよ、なま。
 雑用ばっかなのにぶちぎれるシーンは、重いけどなんだか一番「生きてる」って感じがして好きでした。

 あとヒロインの姫がガサツすぎて面白かった(笑)
 でもちゃんと姫として頑張ってるので、すごい好感が持てるヒロインだなぁと思います。

 ミロクが配属になった赤目隊の隊長はちなみにウサギと書いてますが、ハイ、うさぎです。

 あくどいウサギです(言い過ぎ)

 グラサンな渋いおじさんっぽいです。爆発物をいつも持ち歩いているようであります。
 ウサギって普通、違和感がするようなもんですが、まったくしないので怖いです(笑)
 吹き飛ばされるし、移動中はだれかに乗っかってるのが普通だし(でも渋い)、普通に人参かじってるし(ぉ

 気がつくと隊長ビスマルクもツボでした。


 他にも濃いーキャラがたくさん。

 でも三大はこれだろ(何)

 よくキャラ立ちする小説とか言われますけど、こういうのかなぁ。

 面白かったです、うまかったです。
 主人公が無駄にもてる系じゃなかったので助かりました。
 ただ「売れてる本だな」という実感はありました。いろんな意味で。


 てな感じに面白かったんですが、いかがでしょう。
 本日の騎士ミロク。
 ご興味がおありでしたら一度、お手に取ってみてはいかがですか?(お店の人風に)
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。