2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
最近思い出す幼少期は、
2011/03/20(Sun)
 はっきり言って、トラウマの塊な気がする。

 うん。
 最近思い出すことはあんまりよいことではないことばかりではないから、ですが。

 思い出せばきちんと愛されてるんですが、愛されていたことに対する甘えんぼうっぷりが、いらっときていたらしいです。

 で、泣いた時の対処のされかたがトラウマなんですが……。
 おそらく親にしてみれば「こんなに甘くしてんだから、なくんじゃねーよ!」ってことなんだろうな。


 トラウマな感じにはなってますが、相変わらず私は泣き虫です。
 泣かないようにはしてますが、泣いちゃいます。その場ではこらえるけど、結局あとで泣けてくる。
 とくに、辛い時に泣くと、絶対に嫌われる、という先入観がある。というか、嫌がられますよね(苦笑)

 だから辛さに、泣きながら立ち向かう人がすごくうらやましい。というかすごいな、といつも思います。
 泣くだけ辛いのに、それでも前を向いていられるってすごい。

 辛さで泣いてしまうとなんだか心が枯れてしまったような気になります。
「もう無理だ」
「やめたい」
「諦めたい」
 そんな後ろ向きなことしか思い浮かばなくなります。

 なのに泣きながら立ち向かう人たちって、それでもがんばってるじゃないですか。

 その涙に、どんな理由が含まれてるのかは、私にはわかりませんけれど、諦めの涙じゃないことは確かだなと思います。


 泣かずにやっていてるときは自分なんか「無理なのになんでやらなきゃいけないんだ」と思ってしまう。
 泣きながら立ち向かう人たちは「無理でもやりとげなきゃいけない」そんな風にやってんじゃないかと……勝手に羨望のまなざしを向けてます。


 話は45度ぐらい変わりますが、
 辛い時は、ご飯を食べるといいと思います。
 とりあえず生きるためのエネルギーを補充する。
「やんなきゃいけない、いきなきゃいけない」
 なら、食うしかない。
 エネルギーがなければ考えることも後ろ向きになりそうな気がするので、私はとりあえず落ち込んだら好きなものを食う! ってことをしてます。(なのですぐ太ります) 昔はよく、泣きながら食ってました(笑)

 でも某現地はエネルギーすらまともに手に入らないのですよね。
 地震で追い詰められて心もすりへって、エネルギーもなく、寒さに凍えてて……。
 心がすさんだら、そのままずるずると「諦める」方向に向いていく気がします。それって心が死んでいくことな気がします。

 心の栄養って、エネルギーじゃないと思います。

 何気ない一言とか、それこそ本とかの文章。直接、無理やりつっこめるものじゃないと思うのです。

 しみわたるような一滴、誰かに栄養を渡せたらいいですね、って思います。
 今の私じゃ絞り出してもそんな一滴だせそうにないですが、ならせめて誰かを何気ない一言で「諦める」方向に向かせないといいなと…。

 そしていずれ、一生懸命絞り出して、そんな一滴が出せるようになったらなと思います。



 ・・・・・・・・・・・。



 …………うん。


 やっぱり、諦めたくないなぁ。
スポンサーサイト
この記事のURL | むつかしく考え事。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://aresu01.blog69.fc2.com/tb.php/513-77dd40eb

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。