言霊広場

生活ファンタジーな日々の長文戯言。人間飯さえ食えればなんとやら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胃薬

 に、はまってきた。
 胃薬。
 つーか、二日酔いの(?)薬で有名なキャベジン(粒状)をおなか痛くなった時に勧められ、実際使い始めたらはまった。


 いつも「うー」って唸りながら耐えてただけの胃痛。飲んで横になってると消えるので大変ありがたい。

 あんまりうれしかったんで書いてしまったけれど、最近職場で荷物精査が始まり、バッグの中にまんま常備されてる胃薬出すべきなのか迷います。
 だってあまりに有名だからね、キャベジン。
 胃薬の老舗ですよ、老舗(?)
 ノリがいい人ばっかりだから「飲み過ぎたのか!」って言われそうな気がする(笑)


 そういやHP。すいません、小説が進みません(泣)
 昔かいた詩人の四楽章のプロットが出てきて読みましたが、現在のものよりすっきりしてました。なんでこんなにややこしくなっちまったんだと思い浮かべたら、こじつけのように原因がすぐわかりましたが、いまさらどうしようもありませぬ。
 進み切るしかない。
 うむ。
 とりあえず亀のようなスピードで進んで、進んで、進んではばっさり書き直しされてます。
 まぁ、とりあえずは描いてるという感じです。だから描くよ。

 なんの宣言だ。


 ともかく実はこれ書いてる一時間前に寝ようとおもってPC電源消したら、実は次の日の出勤時間早番じゃなくて遅番だったことに気がついてどうしようかと迷ったので書いてみた。
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。