言霊広場

生活ファンタジーな日々の長文戯言。人間飯さえ食えればなんとやら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妄想は好きですか?

 ハイ好きです。

 と言うとただの変態ですね。


 まぁ、妄想好きですよ。新しいPCさんはそんな私を認めたがらないのか、二回目の変換でも「妄想好き」とは変換させてくれなかったのがちょっとウケました。(笑

 まぁ、妄想ね。

 想像ですよね。

 今なぜか辞書を開く気がしないので、詳しく調べませんけど(おい)妄想って「亡き女を想う」って書くんだな。以外とまともそうな響きが。
 想像は「すがたを想う」でしょうかね。偶像の像だ。


 まぁ、妄想をしてたら、ふと、「妄想面白くない」って想った。っていうか、怖いと思った。


 でも創造するの好きですからやめませんけど、なんでかな、って思ったら『終わりがないから怖い』んだと思った。

 よく
「終わるのが怖い」
 とか言われるけど、私は
「終わりが見えないのが怖い」
 と、思うんですよね。

 まぁ、結局は終わりが怖いのか。

 終わりがいつくるのかわかってたら、覚悟しようもの、わからないと覚悟の仕様もなくて、どうしたらいいかわからないんだな、って。


 ね。


 みんなすごいなあ、それに耐えて生きてんだ。
 それとも終わりなんかにおびえてないんだなって思うと、すごいな。


 私もまともに生きられるようになるかしら。

 なんだか人生ってチキンレースだなとか思った。
 がけのぎりぎりまで走っていける人が勝者、ってやつ、ね。

 走れねーな(笑)



 まぁ、とりあえず、歩くことからはじめろや、ってことで。



 詩人の十八章もうちょっと待って!
 読み直して見たら、直しがかなり入ってページが増えてる! おかしい! おかしいぞ!
 でもこっちのほうが書いてて楽しいぜ!

 書いてある間は私は幸せなんで、もうちょっと寝不足なってきます!
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。