言霊広場

生活ファンタジーな日々の長文戯言。人間飯さえ食えればなんとやら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きたきたきたきたきた

大伝説の勇者の伝説11  ニンゲン総代 (富士見ファンタジア文庫)大伝説の勇者の伝説11 ニンゲン総代 (富士見ファンタジア文庫)
(2012/02/18)
鏡 貴也

商品詳細を見る



 まってたーーーーーーー!!


 つっても、発売2月だったらしいけどね!!(ノ■T)


 いやー、本屋毎月いってたつもりなんですが、乗換の秋葉原の駅内本屋の小説棚の、後ろの列に並んでるのを、ようやく見つけた。だいぶショック。いつ天を数冊動かして引っこ抜くさまは少し異様だったろう。
(どうでもいいですが、見つけたとき所持金が650円ぐらいしかなかった。レジでちょっと焦った。抜いた手前ひっこめない)

 やべー、いいですよ、これ、いいですよ。(何)



 んとね。

 ライナとシオンと、並ぶとやっぱいいね!

 って思いました。

 第二部が…というかちょっとした区切り目な巻でした。
 なのでいろいろ見どころがありすぎて感想が言葉で言い尽くせないんですが、毎回のごとく、


 これ面白いよ!

 っては、言っておこうと思います。



 先が見えないのが面白いな、と思う。
 みんな一生懸命生きてていいな、と思う。
 ライトライトしてるノベルじゃないのが好きです。

 えぇ、まぁ、好きです。

 そんなこんな。
 やっぱり伝勇伝はいいな。
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。