2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
荒食い中。(食中り)
2006/09/02(Sat)
すっくと狐 2 (2) すっくと狐 2 (2)
吉川 うたた (2006/08/19)
ぶんか社
この商品の詳細を見る


 ……これも画像なかったですね。面白いし絵も綺麗なのに。

 本日本屋にて二回にわけ(往復した)五千円にせまる荒食い(荒買い)をしてまいりまして、なんの予備知識も立ち読みもしてないこの「すっくと狐」を購入してまいりました。
 私が手に入れたすっくと狐、は第2部で。読み始めはまったくわけがわかりませんでしたね。誰が誰なのか……(汗)
 まぁ、こういうときは「よんでりゃわかるか」ってことで。

 1の中腹辺りでようやく誰が誰なのか理解。大体理解。

 やー、理解すると面白。
 絵が綺麗ってのもあるしお狐様は大抵が美形だ(何・どうでもよいですが、石田三成はとってもお顔が綺麗で、かつ、佐和山の狐をじしょーしていたとか……て、本当どうでもよいですね(汗))

 一部の主人公? かな。二人の子供、それも双子の話で。なんだか続きそうでどうなんだろう。
 えと、このふたご。母親が人間、父親が人間と天狐のハーフ、らしい。つまり、なんというか、ハーフの二世です(何)
 それでそれぞれに色々な力が如実にあらわれはじめる中学生……。
 あぁ、どうなるんだろうな、大人になったらこの二人は。とか。

 とりあえず、どことなーく。

 ごちそーさまです。

 ってかんじの両親でしたけれど。



 実は食あたり中で……感想もまともに思い浮かびませんけれど、読んでいただけると分かる。
 なんとなく、面白いなぁー、と思える漫画でございました。

 そして最後にどうでもよいですが、今日の昼からずっと本読んでたら、右手の動きがすげー悪いです(汗) 絶対本のかたちに固定されてるよ。
 ちなみに他に購入した品は、ジャンプの「バスタード」と、アンジェリークの新装版。まだよんでないけど、結界士と、小説の関が原(上)を買ってきました。

 アンジェリークの新装版。昨日発売だったはずだからって店員に質問したんですけれど、なかった品。楽しみにしてたんですよ。一回発売されているないようなんですけれど、私はよんだことなかったので。

 今回の新装版のお話では、最初っから飛ばすようにクラヴィス様がーーー! の笑顔がステキ。心を開いたクラヴィス様で……!
 それ以降はロザリアの例の事件です。
 最後の最後……私終盤の展開をじつはちょこっとしっているので、ムフフと思ってましたけれど。
 ルヴァ様がかっこういい!? あのぼけーっとしてる(ところがいい)ルヴァ様が!
「おだまりなさい!」
 だってさ! 感動したよ(笑)
 最後のシーンで何気に「ルヴァ様かっこういいー!!」とかもだえてました。

 やっぱり私はアンジェリーク好きです。

 それもやっぱり私はリモージュが好き。(何)
スポンサーサイト
この記事のURL | 読書。 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://aresu01.blog69.fc2.com/tb.php/82-d596f342

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。